2020年2月米雇用統計 ダウ ー277ドル 日経平均 ー142円

雇用統計

2020年2月から備忘録として、雇用統計シリーズ記事をスタートしました。

過去の動きを振り返りたい時に、本記事を見て頂けたらと思ってます。

 

最近は影が薄くなってきた雇用統計ですが、依然として相場に与える影響はそこそこ大きいです。

シンプルに相場の動きをまとめたので、お読みくださいませ。



2020年2月発表の米雇用統計結果

 

2020年1月の米国雇用統計は、この様な結果となりました。

 

重要なのは上の2項目で、【非農業部門就業者数】と【失業率】です。

下2項目の賃金は、オマケの様な指標です。

 


ドル円10分足

 

雇用統計発表の翌朝、クローズしてから撮影しました。

 

写真ほぼ中央の雇用統計結果が発表された時刻は、ヒゲが上にも下にも長くなってます。

雇用統計が発表される日本時間の22:30(冬時間)からは為替相場が激しく乱高下するので、参加するなら少ロットでエントリーする事をおすすめします。

 

発表直後はスプレッドが異常に大きくなるので、スプレッドが収まってから参戦しましょう。

普段0.2のスプレッドが、6.0とかになる事がよくあります。

 

月イチのお祭りイベントみたいなものなので、ボラが高くなる雇用統計は稼ぎ時であるとも言えます。



NYダウはー277ドルの下落で、週明けは+174ドル

雇用統計が発表された日の、NYダウ5分足です。

 

けっこう大きい窓を開けて、GDスタートです。

ダウは現地時間の13時頃までヨコヨコで、そこから下落して見せ場が無いまま終了しました。

 

2020年2月7日のNYダウは

終値29102ドル 前日比 ー277ドル

 


 

週明けの2月10日 NYダウ5分足

 

前日より安く寄り付いて「今日も下がるのか!?」と思ってましたが、強い買い相場でした。

『始値が安値』・『終値が高値』という珍現象が起き、日足チャートではヒゲが一切無いローソク実体だけのチャートになりました。

 

こんなに高騰してても、まだ衰えが感じられませんね!

 

2020年2月10日のNYダウは

29276ドル +174ドル



週明けの日経平均はー142円

 

雇用統計が発表された週明けの東京市場は、モロに雇用統計の影響を受けます。

 

ー277ドルの下落を引き継いで、窓開けスタートです。

中国発のコロナウイルス感染者数が増えてきた事も、重荷になってます。

 

安いところは買いが入り寄り底状態でしたが、前場と後場では対照的な値動きで大引けを迎えます。

 

 


雇用統計の過去データとして、ご活用くださいませ。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました