第4弾 メキシコペソのスワップ複利 500万スタートで、日収10万まで何年かかるか?

メキシコペソ
第1弾 メキシコペソ複利 200万スタートで、30年後はどえらい事に!
https://toshi-chan.com/mexico-peso-1

 

第2弾 メキシコペソ複利 300万スタートで、月収1千万まで何年掛かるか?
https://toshi-chan.com/mexico-peso-2

 

第3弾 メキシコペソ複利 400万スタートで、月収500万まで何年掛かるか?
https://toshi-chan.com/mexico-peso-3

 

 

個人的にメキシコペソ複利にとても興味があるので、ペソ記事はこれで4回目です。

 

初期資金500万円で始めたら、どれくらい雪ダルマ式に増えていくか!?

開始から50年分のシミュレーションをしました。

 

 



膨大なロットの保有には上限があるので、証券会社は複数必要!

スワップを目的に何十年も複利運用するとなると、途中から買い付け量がどんどん増えるので、買建ロットが膨大な量になります。

 

多くのFX会社に「ロット保有上限」が設けられてるので、複利運用途中で上限に達してしまいます。

無制限で保有できる証券会社は一応ありますが、肝心のスワップが安かったりデメリットもあります。

 

FX会社によっては、将来的に保有上限ルールが無くなる可能性も有り得るので、撤廃される事を祈っています。

 

効率良く資産を増やすには安定して高いスワップと、スプレッドが狭い太っ腹な証券会社で運用するのがベストです。

 

なおかつ「決済しなくてもスワップだけを引き出せる」事が、長期の複利運用生活をするにあたって絶対条件です。

 

それらの条件を満たすのが「LIGHT FX」と「セントラル短資FX」です。

この2強会社は必須になるので、両方口座開設をしておきましょう。

 

※高金利通貨ですが「売りスイング」でエントリーする方も、市場には少なからず存在します。
そちらの少数派の方に有利な、スワップの証券会社は無視しましょう。
何倍もスワップが違う場合が御座います。

 

 

【LIGHT FX】と【セントラル短資FX】のロット保有上限

・LIGHT FXの最大保有上限は1千万通貨まで

・セントラル短資FXの上限は、必要証拠金1億2千万円まで or 保有通貨を円換算して30億円分まで

 

他のFX会社でも基本的には保有上限が有りますから、効率良くスワップが受け取れる口座から順番に埋めていくのが良さそうです。

 



複利運用は若い人ほど始めるべし

 

メキシコペソ複利運用による、想定月収推移グラフ

 

上の写真は600カ月分の月収の伸びをグラフ化したものです。

このグラフの終盤には月収が8億円を越えますが、複利運用はその性質上どうしても序盤の収益の伸びが弱いです。

 

長く続けた者勝ちなビジネスモデルなので、20代前半から始めれば数十年後には大資産家になれると思います。

 

この棒グラフは年月が経てば経つほど急角度なグラフになり、加速度的に総資産が増えます。

 



資金500万円でスタート  日収10万までの道程

今回は日収10万円にフォーカスしました。

1日で10万円も稼げる仕事は、そうそう無いですよね。

成功者にとっては端金ですが、庶民には大金です。

 

という訳で多くの人が「嬉しい」と感じるボリュームゾーンの、【日収10万円】を検証しました。

 

 

 

シミュレーション上の設定

・メキシコペソ為替レート 5.0円で計算

・最初の証拠金500万円で300万通貨購入(レバレッジ3倍)

・スワップが2万円(レバレッジ2.5倍)貯まったら、1万通貨買い増し

かなり安全なレバレッジになる設計なので、強制ロスカットの心配はほぼありません♪

 

初年度から月のスワップが10万円を越えるので、モチベーションを維持できます。

しかし無駄遣いしていては、打ち出の小槌が大きくなりません。

 

大金持ちになるまでは買いたいクルマを我慢して、中古のアクアで質素な生活を送りましょう。

 

 

7年後

 

7年ほど経つと、サラリーマンの月収くらいに成長しています。

保有通貨量が1000ロットに差し掛かるので、少なくとも毎日1万円分ほどのスワップが受け取れる様になります。

 

 

15年後

 

15年11か月で、日収5万円突破!

このレベルになると、稼げてる実感がかなり湧くのではないでしょうか。

平均年収全国1位のキーエンス(平均年収 2,088万)を追い越す勢いです。

 

 

 

20年後

19年9カ月で日収10万円を突破しました!

開始から20年以内に、このレベルまで到達したのは驚きです。

 

 

この時点で1億通貨保有してる事になりFX会社の保有上限に達してる可能性が高いので、他の口座に毎日のスワップを流しましょう。

 



その後の年収推移は「億」

 

 

500万円でスタートしてから25年ほど経つと、月のスワップが800万円を越えます。

つまり年間スワップが1億円ほどまでになります。

 

 

・30年で年間スワップ 2億7000万円

・35年で年間スワップ 6億8000万円

・40年で年間スワップ 17億1700万円

 

この辺で「えっ そんなワケないだろ w w 」

と思う人が居ても無理はありませんが複利の特性上、序盤は弱いけど終盤は鬼の様に強くロット数が超スピードで増えていくので、スワップ収入がとんでもない事になるのです。

 

 

 

50年後

 

50年後(600カ月後)は総資産が『536億円』に膨れ上がります。

長い歳月の間、強制ロスカットされる事なく淡々と買い増しを続けられれば、この様な資産を築けます。

 

もちろん為替レートの大きな変動はあり、安くなれば為替損失・高くなれば買付量の減少。

全てが計算通りに行くワケないですが、長期の複利が大きな利益になるのは間違いないと言っても良いでしょう。
 

まずは下記に用意したFX会社の口座開設からスタートしてみませんか。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

【LIGHT FX】

LIGHT FXは、各通貨の売買比率と売買分布が見れるのでオススメ。

 

 

業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!※こちらのCFD口座を開設すると、日経平均・ダウ・原油・VIX指数など、あらゆる商品が取引可能になります。

 

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫DMMのトレード画面は直感的に操作可能です。

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました