メキシコペソの複利運用で、スワップ生活。 30年後はどえらい事に!

メキシコペソ

ブラック企業が蔓延する昨今、仕事をせずとも収入を得る方法は色々ありますが、手っ取り早くメキシコペソのスワップで不労所得を得る方法があります。

リスクはありますが、それ以上のメリットがあるので是非御一読を。

 



 

日本とメキシコの金利を比較すると

まずメキシコは、政策金利が6.50%でとても高金利です。

金利が高いメキシコペソは、非常に効率良くスワップが貰えます。

 

 

単純計算したメキシコペソの利回りは

レバレッジ1倍で6.50%

レバレッジ2倍で13.00%

レバレッジ3倍で19.50%

 

強制ロスカットを回避する為には3倍くらいまでが良いと思われますが、19.5%なら充分な利回りと言えるでしょう。

もう少しレバレッジを上げても良さそうですが、長期で運用する為には数年先の下落する可能性を考えなくてはなりません。

 

 

そして日本の銀行金利はと言うと、大口の長期定期預金でも金利は最高0.3%です。。

100万円を定期預金しても、利息は1年でたったの3千円しか付きません。。

3千円貰えるのは嬉しいですが、「投資」という観点で見るとかなり効率が悪いです。

 

1980年頃の日本は利回り8%という今では信じられない高金利でしたが、遠い昔の話です。

その日本の過去最高金利に匹敵し得る高い金利が付くのが、メキシコペソなのです。

 



 

メキシコペソを買うにはFX口座が必要

FXの証券会社によって貰えるスワップ(利息な様なもの。毎日貰える)が異なりますが、安定的に高いスワップを貰える証券会社を紹介します。

 

「ヒロセ通商」&「セントラル短資」は、どちらもペソを売らなくてもスワップだけを引き出す機能が付いてるので、スワップ生活に適してます。

口座開設や維持費は一切無料なので、急に必要になる時に備えて両方口座を作っておくと良いでしょう。

 

「LIGHT FX」はスワップが安定して高く、取引ツールで各通貨の売買比率と売買分布が見れたりするので、非常にオススメです。

 

スプレッドが少し高いけどスワップが高い「FXプライムGMO」もお勧めですが、状況によってどのFX会社が最も有利になるかは変動します。

 



 

メキシコペソのスワップを複利で増やし続ける

何やら怪しいワードが並んでますが、れっきとした投資です。

 

先程のメキシコペソは6.50%の金利が付く。

というのを計算しますと・・

 

・メキシコペソを1ロット 5万円として。

1年で6.50%の金利が付くので、50000×0.065=1ロット 年間3250円の利息が付きます。

 

日割り計算すると3250÷365=約8.9円です。

スワップはFX会社で自由に設定できるので、実際には8.9円より多く受け取れます。

 

この毎日貰えるスワップを使って、更にロットを増やしていく手法が複利運用です。

アインシュタインに「人類最大の発明」とまで言わしめたのが「複利」です。

 



 

メキシコペソ複利運用シミュレーション

・メキシコペソ1ロット=5万円とする

・スワップは10円で計算

・スタートは現金200万円(最初はレバ3倍で、120ロット買う)

・貯まるスワップは、レバ2.5倍で運用

 

エクセルで計算してみました。

 

 

 

最初の1年経過で42万円増えて、242万円になりました。

この時点では、まだ大儲けとは言えません。

 

 

 

では30年経つと、どうなるか。
楽しみですね。

 

 

 

30年(360カ月)経てば、なんと口座の現金は4億円を超えます!

月収が665万で、寝てても毎日給料が入ってくる夢のような生活です。

これが複利の驚異的なパワーです。

 

 

細かく見ていきますと

・月収10万を超えるのは「6年9カ月後」

・月収15万は「9年2カ月」

・月収20万は「10年10カ月」

・月収30万は「13年1カ月」

・月収40万は「14年8カ月」

・月収50万は「15年11カ月」

・月収60万は「16年11カ月」

・月収70万は「17年9カ月」

・月収80万は「18年6カ月」

・月収90万は「19年2カ月」

 

・月収100万は「19年9カ月」

・月収200万は「23年6カ月」

・月収300万は「25年9カ月」

・月収500万は「28年6カ月」

 

・月収1千万は「32年3カ月」

 

 

参考データで50年後を・・

50年(600カ月)経つと、総資産が『170億円』を超えます!

ただし、永い年月で政策金利が変わったり為替レートも変動しますので、あくまでも参考値でお考えください。

 

 

こんな感じで、長い年月の経過で受け取るスワップが多くなると買い足すロットが多くなるので、爆発的に月収が増えていきます。

当然途中で為替レートが変動しますが、買い足すロット数は抑え目に計算したので、大体シミュレーション通りのスワップが受け取れるかと思います。

 

必要なのは最初の軍資金と、含み損に耐えれる精神力です。

 

30年経つと保有通貨量が2万ロットを超えるので、レートが1目盛り動いただけで2万円動きます。

大きなロットを建てれば当たり前ですが、この大金が動く環境に慣れる事が必要不可欠になりそうです。

 

注意すべき点はとにかく強制ロスカットで、これさえクリア出来れば大きな資産を築けそうです。

 

 

まずは下記に用意したFX会社の口座開設から始めてみませんか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

【LIGHT FX】

LIGHT FXは、各通貨の売買比率と売買分布が見れるのでオススメ。

 

 

業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!※こちらのCFD口座を開設すると、日経平均・ダウ・原油・VIX指数など、あらゆる商品が取引可能になります。

 

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫DMMのトレード画面は直感的に操作可能です。

 

 



コメント

  1. […] […]

  2. […] メキシコペソの複利で、スワップ生活。 30年後はどえらい事に! […]

タイトルとURLをコピーしました