スマホで撮った写真をネットで売る副業。 ストックフォトに投稿しまくるだけ。 

副業

スマホで撮った自分の写真をネットで売る

スマホのアルバムに、撮り溜めた写真が大量にありませんか?

その中には、もしかしたら売れる写真が眠ってる可能性があります。

 

誰でも投稿できる写真素材を売買するサイトを総称して「ストックフォト」といいます。

 

そこに自分で撮ったオリジナル写真を投稿します。

昔はデジカメしか不可でしたが、今はスマホの写真でもOKです。

 

 

私がこのシステムを知ったのは2014年頃でした。

昼の情報番組で珍しい方法を使って稼ぐ人を集めたコーナーで「写真を大量に売って毎月40万稼ぐ主婦」として紹介されてました。

毎月40万も稼げたら、旦那さんの給料無くても生活できちゃいますね!

 

最初の内は単なる小遣い稼ぎくらいのスタンスでしたが、収益が上がってきたらプロ仕様のカメラや撮影機材を買って、完全に仕事として撮影に取り組んでました。

 

普通の写真ではまず売れないので、「写真素材としてニーズがありそうな場面」を意識して撮るのがコツだそうです。

 

企業のパンフレット、ホームページ、チラシ広告、ブログなどの作成者が「〇〇っぽいイメージの写真を使いたい」と思っても、その人がイメージ通りの写真を持ってない場合があります。

 

自分で用意できそうな写真なら自分で撮ればいいですが、実際の撮影が不可能な場合(場所が遠かったり、被写体を用意できない)があります。

 

そんな時に、ストックフォトのサイトに投稿した写真が消費者のイメージにぴったりだと、写真を買ってくれる可能性があります。

 



 

PIXTAで写真投稿  販売開始には審査がある

私はストックフォト最大手のPIXTAに登録してますが、どんな写真でも投稿できるかといえば答えはNOです。

 

写真を1枚1枚チェックしてるみたいで、不適切だと判断されれば不合格になります。

けっこう厳しめなので、本人的に「これは大丈夫だろ」と思っても普通に落とされます。

 

そして審査の時間がとても長く2週間くらいかかる事もありますが、一度審査に通れば完全放置でずっと販売できます。

 

審査に通った後は、キーワード選定を売れ易いキーワードに変えたりするだけなので、あまり手間は掛かりませんが、正直売れるのは難しいです。

 



 

意外に売れる、素人っぽい写真

テレビ番組の企画で「素人が10日間で撮った写真が売れるか?」みたいな放送を最近見ましたが、当然ながら売れませんでした。

 

あまりにも売れずアクセス数もほとんど無いので、逆転の発想でいかにもプロっぽい写真より「普通のおじさん」の写真を撮ってみよう。

という事になっておじさんの面白写真を投稿したら意外に人気で、おじさんが酒を飲んでるシーンや、落ち込んでるシーンなどのアクセス数がかなり増えてました。

 

すぐに稼げる副業ではないですが、徐々に写真の質を高くして投稿枚数を増やしていけば、売れる写真が出てくる可能性があります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました