埼玉 愛和クリニック 治験 3日目 投薬日は採血が朝から夜まで続き、風呂に入れず・・

治験

愛和クリニック治験3日目  投薬日は、高脂肪食

埼玉県越谷市の愛和クリニックで、3泊4日を3セット繰り返す治験に参加してます。

今日は1セット目の3日目で、投薬日です。

 

投薬日が2日目ではなく3日目に飲むケースはけっこう珍しいと思いますが、残る3泊4日✖2セットもそのスケジュールです。

 

 

薬を飲む前に「高脂肪食」として、朝食を食べました。

 

食事内容は

【果汁100%ぶどうジュース】

【ジャムトースト2枚】

【チーズ2個】

【ソーセージ4本】

 

これを15分以内に完食しなければなりません。

 

私は普段から食べるペースがゆっくり目なので、けっこうギリギリのタイミングで間に合いました。

時間より早く食べ終えてしまう方は、最後の一口分を残して15分経つ時に食べます。(15分間で食べた事にする為)

 

1人ずつ2分間隔で食べ始めます。

1人目が9:00スタート 2人目が9:02スタート 3人目が9:04スタートといった具合です。

全部で25人くらい居るので、最初と最後の人では食べ始めの時間が50分もズレます。

 

パンは市販のふんわりしたヤツではなく、小中学校の給食で出たようなパサパサしたパンです。(パサパサは全国共通かな??)

昔ランドセルにパンを入れて持ち帰った記憶があります。

 

 

ここに来てから味のある飲み物を飲んでないので、ぶどうジュースがやけに濃く感じ、水で薄めても良いくらいに感じました。

 

チーズが2個あってソーセージが4本ある事から、通常の朝食の2倍の脂肪分を摂取させる目的があったんだと思います。

身体が高脂肪の状態で、薬がどの様に残留するか試験したいのでは。

 

完食後すぐに薬を飲むので、部屋に戻ります。

 



 

投薬は水無しで服用。 苦くマズくて、後味も悪い

いよいよ投薬の時間です。

しかしここで脱落者が出ました!

 

入院してから実施した血液検査の結果が思わしくなかったのか、私の部屋で1人荷物をまとめて出て行きました。

その代わりに隔離された少人数の部屋(おそらく補欠メンバーの部屋)にいた人が、今日からそのベッドに移ります。

 

帰る人はもちろんこれまで拘束された分のお金を貰えますが、薬を飲んでないので金額はかなり安いです。

すぐ次の治験案件に応募できますが、こういうタイムロスがあると治験で稼ぐには非常に勿体ないです。

 

治験は例外なく、休薬期間という前回の治験終了から3~4ヶ月インターバルを取らないといけない決まりがあるので、休薬期間が明けたら1日でも早く次の治験に参加できるのが理想です。

 

次の治験がすぐに決まるのは難しいので、脱落は非常に痛いです。

 

私は事前健康診断に落ちて他に行きたい案件があまりなかった時、休薬期間分に相当する日数を無駄に過ごした経験があります。

 

 

投薬

今回飲む薬は、フリスクみたいな小さな錠剤です。

これも朝食と同様、2分間隔で順番に飲んでいきます。

 

水無しで飲むので、ラムネみたいに舌の上で溶かす感じで服用します。

口の中に入れるとすぐに溶けてきます。

 

が・・。

 

「マ、マズい・・」

 

苦みが強くて、薬の悪い部分が前面に出たマズい味が口中に広がります。

思わず職員の目の前で「マズいっす。。(←失礼)」と言いそうになりました。

 

薬を飲んだ後は3時間くらい水を飲んではダメで口の中を洗い流せない為、しばらく気持ち悪い後味が続きます。

 

水を飲めない時でもいつでも飲める利便性を考えて開発したと思いますが、その前にマズくて売れないと思います。

イチゴ味にするとかしないと。

それか、治験用は味を加工してないだけか。

 

薬を飲んだ後にアンケートを書かされましたが、はっきり「マズい!」と書きました 笑

実際に飲んだ人の声を、薬の開発に役立てて頂きたいものです。

 

 

副作用について

治験に行った事がなく副作用を心配してる人が居ると思いますが、ジェネリック(既に市販されてる薬のコピー品)の治験なら全くもって心配無用です。

 

日本国内の治験案件で副作用が出るのは、ものすごく低確率です。

あったとしても、一時的な頭痛・腹痛・めまいくらいです。

 

グレープフルーツなどの柑橘類(柑橘味のお菓子やジュースもNG)を治験期間中に食べてしまうと副作用が出やすくなりますが、それでも低確率です。

もし副作用の事で治験参加をためらってるなら、機会損失でしかないです。

 

 

尚、新薬の治験だけは副作用の可能性が無視できないので、私は敬遠します。

 

あと海外の治験案件は謝礼金が高くて魅力的ですが、日本ほど薬が安全ではないので止めといた方が無難です。

お金より健康第一ですよね。

 



 

薬を飲んだ後は、留置針の採血を15分間隔で

薬を飲んだ後は、ベッドの上で昼食(この日は15時)まで6時間も座ってなければなりません。

寝てもいけません。

これが治験でいちばんしんどい時間です。

 

愛和クリニックでは、パラマウントベッドみたいにベッド自体がリクライニングするので、その点は姿勢が楽でした。

 

パソコンしたり本を読んだり、各自適当に時間を潰します。

 

 

投薬後は15分おきに採血の看護師が巡回します。

 

1度針を刺せばそのまま固定される「留置針」という注射針を使うので、痛くなくて簡単です。

留置針に入ってる液体は生理食塩水ですが、採血毎にけっこう消費するので巡回してる看護師に補充してもらいます。

 

留置針の見た目は派手だけど、痛みはありません。

 

最初に刺す時に見てましたが、針が1cmくらいズブズブっと刺さりました。

いつもはその瞬間目を瞑ってましたが、最近では針が刺さる瞬間を見るのが楽しいです。

 

この日は留置針で、20回近く血を取られたと思います。

 

とはいえ治験1件の全日程で採血する総量は、一般的な献血1回分より少ないので御安心を。

全部で400cc行かないくらいです。

貧血みたいな症状なんて出ません。

 

 

写真の、液体が入ってるシリンダーの中身は「生理食塩水」で、採血後は必ず血管に注入します。

生理食塩水が注射されると、ゾワっとひんやりする感覚があります。

これをやるのは、血液が固まるのを防ぐ為だそうです。

 

こんな感じで採血を繰り返し、15時の遅い昼食になります。

 



 

治験3日目の食事と、愛和クリニック休憩室の設備

朝食から15時までは長く、お腹ペコペコです。

採血中も、よく腹が鳴ってました。

 

食堂まで行く途中、匂いで分かりました。

ハンバーグ弁当

 

ハンバーグはけっこう匂いがします。

腹が減ってたので、もっと大きいハンバーグなら良かった。

 

おまけで入ってたフライは魚介のすり身だったと思いますが、意外と旨かったです。

 

 

愛和クリニックの休憩室は、こんな感じです。

電子レンジは、写真に写ってない手前側にもう1台あります。

 

 

漫画はけっこう少なくて、しかも全巻揃ってない物が多いです。

 

 

休憩室は長方形の部屋で、MAX40人くらい座れます。

 

電子レンジが部屋の両端に計2台あり、順番待ちになります。

食事時間にそこまで厳密ではないので、電子レンジに並ぶのが面倒でタイミングをズラして、弁当を後で食べる人もけっこう居ました。

 

 

漫画はほとんどのタイトルが全巻揃ってなかった様な。。

 

例えば90年代ジャンプの「ろくでなしブルース」は全42巻の内、最初の6巻くらいまでしか無かったです。

6巻は富士雄兄さんが、初めて出てきた頃(勝嗣・米示と池の前でケンカ)ですね。

東京四天王編がいちばん面白いのに、初期のヤツしか読めません。。

 

 

写真に写ってない逆側にも漫画の棚がありますが、この部屋全部の漫画をかき集めてもたぶん7~800冊くらいなので、比較的かなり少ないです。

 

私はずっとパソコンをしてたのでどうでもイイですが、漫画目的で行くとがっかりするレベルだと思います。

 

 

夕食は唐揚げ弁当

 

唐揚げ、美味しかったです。

お腹が減ってるので、海外産の安い鶏肉でも充分美味いです。

 



 

愛和クリニックでは、投薬日は風呂に入れない

愛和クリニックの方針で、投薬日は風呂に入れません。

留置針を外すのが19時の採血時で、最後にもう1回だけ21時に採血があります。

 

21時の採血後から消灯時間まで1.5hしか無いという事で風呂を禁止してますが、19時過ぎの時点で留置針は外れてるので、19時の採血後は順次風呂に入ってもいいと思いますが、愛和クリニックではNGです。

 

風呂は1日でも入らないと、けっこう気持ち悪いです。

 

この日はおしりを洗えないので「ウンコ出ません様に!!」って思ってたけど、出ちゃいました 笑

 

あと重要な事ですが、2個ある個室トイレの片方はウォシュレットが半壊してます。

「ビデ」が使えず「おしり」しか水が出ない瀕死状態です。(もう直ったかな??)

 

「おしり」だと、水圧の強いレーザー状の水が出てくるので、けっこう痛いです。

 

 

以前「月曜から夜ふかし」という関ジャニ∞の村上信五さんとマツコ・デラックスさん司会の番組で、ウォシュレットを使う人の比率を調査したところ・・

 

・ウォシュレット 使う 58%

・ウォシュレット 使わない 42%

 

という僅差の結果でした。

 

私の感覚では【使う=98% 使わない=2%】くらいに思ってたので、かなり信じられない結果だった事を覚えてます。

 

使わない理由が「トイレットペーパーで充分」「ウォシュレットの水が汚いから」という人が多かったです。

 

世の中には色んな人が居ます。。

 

そんなこんなで寝る前も一応、ウォシュレットで洗いました。

 

この件を検索しましたが、おしりの洗い過ぎは逆に良くないそうです。

ある程度の菌が居て雑菌からバリア的に守る役割がありますが、水圧でそれらを洗い流してしまうので逆に良くないそうです。

 

 

長かった採血が終わり、やっと自由の身になりました。

普段暇な治験でも、投薬日だけは行動が制限されます。

 

後は歯磨き・洗顔して寝ました。

 

明日は退院です。

たった3泊4日なので、あっという間でした。

 

 

東京都と埼玉県の治験は全国の治験情報満載! 治験紹介【クリニカル・ボランティア・サポート】
略してCVS】は埼玉県の案件が多いです。

 

 

JCVN治験ボランティア
ニューイング

こちらの2大サイトは日本全国の治験案件をほとんど網羅してるので、無料会員登録しておくと良いでしょう。

コメント

  1. Johnd382 より:

    Hi there! Would you mind if I share your blog with my myspace group? There’s a lot of people that I think would really appreciate your content. Please let me know. Many thanks eceeggkkbabc

タイトルとURLをコピーしました