一見上品な【手皿】は食事マナー・作法として不適切 子供の内から躾けるべし

生活

今日の一言

「美人なのに字が汚い人、パーフェクトじゃなくて逆に安心する」

 

 


日本では食事マナーを重要視する人が多く、年配の方は特にその傾向が強いです。

レストランなどで無意識に出る食べ方で、その人の育った環境が想像できてしまいます。

 

・食べ方が汚い(犬食い)

・変な箸の持ち方

関連記事

変な箸の持ち方は正しい箸の持ち方に矯正しよう 食事マナーで人生が変わる
日本人なら必ず幼少期にマスターしたい【箸の持ち方】の話です。私が見たのは、箸をグーで握る女性でした。とても変な箸の握り方だったので、よく覚えてます。写真で手の形を再現しました。心当たりのある方は、大人になってても箸の持ち方を矯正しましょう。

 

上記の2点は論外ですが、今回お話しする【手皿】が食事マナーとして不適切だという事は意外に周知されてません。

手皿とは、食べ物を箸で口まで運ぶ際、手を箸の下に添えてしまう行動です。

見た事ありませんか?

気にも留めてない人にはどうでも良い事ですが、ちゃんと見る人には意外と見られてるです。

 

知らず知らずの内にこれをやってしまってる方は多いので、もしあなたが思い当たるならこの癖は直しましょう。

食事マナーとしてNGな【手皿】について書きましたので、最後までお読みくださいませ。



手皿は一見上品だけど、実は食事マナー違反

手皿がいけないという事を知らない人から見ると、この食べ方は一見上品に映るかもしれません。

私もかつては、そう思ってました。

しかし実は、食事マナーとしてNGな行為です。

 

手皿で食べるのは女性に多いイメージがあり、何となく綺麗な立ち居振舞いに見えますが、これは錯覚です。

滑稽な事に、上品に取り繕おうとして逆に下品になっているのです。

 

 

食事マナーは思ったより種類が多く、中には一般的に知られてなさそうな物まで事細かにあります。

 

箸の使い方から左手の使い方、食べ物別のマナーで汁物・刺身・焼魚・揚げ物・煮物などにも細かく食事マナーが定義されてます。

この中には知る人ぞ知るマナーも多いですが、手皿がNGだという事だけは是非知っててほしいマナーです。

 

手皿は和食に限らず、洋食・中華他どんな料理にもしてはいけません。



手皿をしてしまう芸能人は意外と多い

普段テレビ番組を見てると、スタジオや街角で食事のシーンがあります。

食レポなどで何やら美味しそうなモノを食べてる芸能人が手皿をしてると、「あぁ、そうなのね・・。。」と残念な感じになります。

食べてるモノより、箸先に添えてる手に目が行ってしまいます。

 

大物の一流タレントでも手皿をしてる方は多く、違法薬物のMDMAで逮捕された沢尻エリカさんも、手皿をやってしまう人です。

 

『別に』発言の頃だったと思いますが、とんねるずのみなさんのおかげでしたの人気コーナー【食わず嫌い王決定戦】に沢尻エリカさんが出演した際、手皿で食事してたのをよく覚えてます。

 

ちなみに沢尻エリカさんの好物はレバ刺し・インドカレー・イベリコ豚の生ハムで、苦手なのは「茄子の煮びたし」との事。

ビチョビチョ汁垂れしそうな料理ですが、普通に手皿で食べてました 笑

 

沢尻エリカさんは小6から芸能デビューしてるので、食事作法を身に付ける機会が無かったのかもしれません。

食事マナーは面と向かって指摘し辛いものですが、大物芸能人になるにつれて大御所や財界人と食事するシーンも増えて来るでしょうから、昔から一緒に食事してる周りの大人が注意すべきでしたね。

 

沢尻さんに関しては食事マナーどころじゃなくて、MDMA・大麻・マリファナ・コカイン・LSDなど、あらゆるクスリを長年使用してた様なので、さすがに芸能界復帰は無いと思います。。

 

 

食わず嫌い王では出演者がどのように食べるかゆっくり見れるので、「普段こんな食べ方してるのか~」という側面を見る事が出来ました。

 

他の出演者で手皿をしてるのは沢山います。

北川景子・松浦亜弥・井上真央・綾瀬はるか・相武紗季・桐谷美玲・石原さとみ・有村架純などなど(敬称略)

 

美人とされる人ばかりだけど、食べる時は必ず手皿をします。

女性芸能人の中だけでもこれだけ居るって事は、手皿NGという事が世の中に浸透してないという事ですね。



なぜ手皿がいけないのか? 理由を解説

初めて手皿で食べてる人を見た時は、私の家には無い文化なので違和感こそ有りましたが、不覚にも洗練された食べ方だと思ってました。

大人になるにつれて実は下品な食べ方だという事を知って、この食べ方を真似しないで良かったと思いました。

 

 

手皿がダメなのは何故か?

正解は(落下や垂れる汁で)手が汚れるから」です。

シンプルな理由ですが、そういう事です。

 

例えば寿司を食べてたとしたら、ネタに付けた醤油が液垂れする可能性が高いです。

口元へ運ぶまでに手皿をしてたら、その手に醤油がポタっと垂れて汚れてしまいます。

汚れた手でいる事が、下品と言われる所以です。

その手でリモコンとか触られたくないですよね。

 

 

すき焼きとか鍋物だったらビチョビチョで、より液垂れします。

鍋の時に手皿をするのは、絶対にやめましょう。

 

大量に水分を含んでる高野豆腐の時は最悪です 笑

 

もし手皿をしてる人が居たら、ソフトに注意しましょう。




まとめ 正解は、小皿を持って食べる

食事マナー的に正しい食べ方は、まさにこれ。

「小皿を使って、テーブル・床を汚さない様に食べる」です。

これなら手が汚れないで食べれますよね。

タレや汁などが垂れない様に、しっかりガードしましょう。

 

そもそも手を食器代わりに使ってはいけません。

手は清潔に保ちましょう。

 

 

以前グルメ番組で大物芸能人の女性が手皿で食べてて、食べ物の汁がポタリと垂れて「垂れたヤツ、どうするんだろ??」って見てたら、手を舐めてました。

これは絶対にNGで、心当たりのある方は要注意です。

 

編集でカットされずそのまま放送されたって事は、制作側もこの行為が下品だという事をイマイチ分かってないと思います。

無知な子供が真似しない事を願うばかりです。

 

手皿人口は感覚値で約5人に1人くらいの割合に感じますが、是非ゼロになって頂きたいものです。

世直しのつもりでこの記事を書きました。

 

最後までお読み頂いた方には感謝してます。

他にも沢山記事が用意してありますので、是非そちらもお読みくださいませ。

 



コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました